歴史とともに川越に住む

首都圏に通勤しやすい便利さもあって川越が非常に暮らしやすい街だということは聞いたことがあると思います。

会社への通勤と地図上からの判断で川越を気にしている人は一度遊びに行くのがいいと思います。

なぜなら川越はベッドタウンのみならず観光都市としても非常に優れているからです。

川越市は「小江戸」として知られていますが観光コースだけでも90もあるのがウリだといえます。

もちろんこれは季節によって別カウントをしているからこれほど多くなるのですが、各エリアを考えても伝統的な建造物が多く歴史を感じる旅ができること請け合いです。

これだけの楽しみ方があるのですから川越に引っ越してきても休日は忙しくなることでしょう。

歴史ある建物の中にご自分の家を設けるということは歴史好きにとってたまらないものだといえます。

これだけ魅力がある川越の不動産は現在では人気が上昇しています。

まずは街を訪れて歴史と風格を肌で感じ、川越の良質な不動産を探してみるのがいいと思います。

川越で落ち着いた暮らし

人々はいろいろな理由で川越に移り住んできます。

都心への通勤圏としての川越に惹かれている人も多いですが、川越ならではの落ち着いた暮らしに惹かれた人も多いことでしょう。

都心からしたら川越は観光で1日を過ごすのにまさにうってつけの街です。

かの有名な「小江戸川越」はグループで歩き回るのに最適だからです。

都内よりも見るべき場所がまとまっていて江戸情緒を満喫することが出来ます。

川越に観光で何度も来るうちに本格的に気に入ってしまい、ついには不動産を探して住み着いた人も珍しくはありません。

江戸情緒というものはそれだけ我々を惹きつけるのだといっていいでしょう。

そして年配になるに従って小江戸をより好きになる傾向があります。

ただ最近では「歴女ブーム」なるものもあり、幅広い世代に注目されているといえます。

江戸情緒が残って込み入った路地が多い街ですが、日本人が郷愁に従って住みたくなるのがよく分かります。

それでいて発展する余地もあるのですから川越が注目を集めるのも当然でしょう。

川越の不動産を選ぶ

川越の一戸建て

川越に一戸建てを建てようと思ったら、どれくらいの金額がかかるのかを調べてみようと考えると思います。

不動産の情報が多く掲載されているサイトを参考にしていきます。

一戸建ては、家を持ちたいと思う人々にとって、かなり憧れるものです。

土地代と家本体の値段がかかってくるため、場所によって値段がかなり違います。

都心に近づけば近づくほど、値段が高くなっていきます。

その点、川越は、埼玉県で東京都からは少し離れた場所にあるので、都心の家よりは比較的お安く手に入りそうです。

もちろん、面積の大きさや、建てる家の規模にもよりますが、新築の場合で、1300万円~2500万円ほどです。

家の材質や、デザインにこだわればこだわるほど、どんどんと値段は上昇していきます。

中古物件も、何件か出ていて、中には、1000万円ほどで手に入る家もあり、手を出しやすいと思います。

店舗と住居を兼ねた物件の出品もあり、もしビジネスを始めたいという人がいたらうってつけです。

川越の高層マンション

川越にあるマンションというと、なんだか古臭いものを想像してしまうかもしれませんが、街を見下ろせるおしゃれな高層マンションもあります。

これは、最近、建てられたマンションで、都市開発の一環として建てたれたものです。

駅から徒歩10分と近い立地条件で、大きな窓がある開放感のある室内は、家族団らんのスペースとして持って来いの空間です。

こちらの価格は、約3600万円となっています。

人気のマンションは、建設が完了する前に、全室埋まってしまうことも珍しくなく、建設してから空いている部屋は、値引きされることもあります。

もし、気になる物件があるのであれば、早めに購入を検討された方がいいでしょう。

マンションの場合は、駐車場の有無や、ペットの購入の可・不可はあらかじめ確認しておいた方がいいです。

そして、お部屋の数や設備も、一生住むことになると思いますから、しっかり確認することをオススメします。

不動産えらびは後々、後悔のないようにしてほしいと思います。

一戸建てとマンションで迷う

川越に住むなら、マンション、一戸建て、どちらがいいのでしょうか?

メリット、デメリットがありますし、何より、生活スタイルが人によって違うため、なかなか他の人の意見を参考にしにくいかもしれません。

一戸建てが憧れだったという人もいるでしょうし、マンションの高層階に住んで、街の景色を見下ろしたいという人もいるでしょう。

こればかりは、人それぞれなので、不動産を扱っているプロのスタッフさんでも、長所と短所を述べていくことしかできないようです。

一戸建てであれば、増築をしたり、家の面積を削って駐車場を作ったりすることもできますし、家の中の設備も随時追加することが可能です。

マンションの場合は、部屋の数は増やすことができませんし、設備もある程度決められてしまいます。

一方、マンションにロビーや自動販売機、カフェが併設されているところでは、住人なら誰でも使用できるところは利点になります。

不便なところもある

川越は、そのイメージからいいところばかりが目につきやすいと思いますが、もちろん、住むのに不便だなと感じるところもあります。

小江戸と名のつく通り、古い物件が立ち並び、ビルや民家などが密集した地域に建てられています。

そのため、細い路地が多く、自動車は入れない道も多くあるそうです。

そうなると、徒歩か自転車での移動しか手段がなくなってしまいます。

駐車場の数も利用者に合わず、いつも不足しているのです。

道路も、昔からあるので、まっすぐではなく、運転しにくいようですね。

自動車で移動するには適さない街です。

田舎街ではそういった道路も多く、現代ではなかなか厳しいものがあると思います。

道路の騒音がうるさいといった地域もあるようで、不動産を購入する際には下調べが必要になりそうです。

街並みは素晴らしいですが、自動車を保有している人にとっては住むのに一工夫必要な街ということです。

誰もを虜にする川越

川越は、都会好きな人の心も、もちろん、田舎好きな人の心も満足させることができる街です。

その古い街並みは、テレビや雑誌で幾度と無く紹介されているため、知っている人も少なくないのではないでしょうか?

小江戸と呼ばれ、最近では海外からの観光客も来るくらいに活性化しています。

渋谷や新宿などには新しいビルが立ち並ぶ中で、古くからの街並みを守り続ける川越は、単純にいい街だなと思います。

この近辺に住んでいる人であれば、休日にお友達と遊びに出かけたことがあるでしょう。

そういう人が、こんな場所に住みたいなと感じる土地でもあると思います。

将来は、川越で不動産を買うことが夢とする人も多いでしょう。

しかし、そこで気をつけておいてほしいのは、憧れるような日本家屋の家が売りに出されていることはほとんどありません。

皆さんが目にしたことがあるような普通の家がほとんどです。